スキンケア

冬も紫外線?年間を通してUV対策が必要な理由

“紫外線対策は年間を通して行うことが大切だ”と言われているのはご存知ですか?

まさかにこれからの季節、春から夏(5月~8月)にかけては紫外線も強く、ジリジリと日焼けするような感覚が直接あるので、自然と日焼け対策しなきゃ!と思うはず。

それに比べて秋から冬は気温が低く、そこまで日差しも強くないので、紫外線を気にしつつも、「今日くらいいいかな…」と日焼け対策をされる方も少ないと思います。
でも実は、冬にも肌を脅かす紫外線があるんです。

年中対策が必要!冬も要注意の紫外線

冬はUVB対策からUVA対策へ

注目しないといけないのは冬の紫外線!!
まず紫外線には、UVAUVBの2種類があります。夏場のように肌が赤くなるような日焼けをもたらすのはUVBです。冬場になるとUVBの量は真夏のピーク時と比べ約1/4に減るため、冬場は急激な日焼けをすることが少ないのです。

UVBとUVAの違いは?何が怖いの?

ですが注意したいのが、UVA
以前はUVAUVBに比べて肌に与える影響が少ないと考えられていましたが、近年はUVAこそが長期にわたってお肌に影響を与え、深いシワやシミなどの原因となることがわかってきました。

UVAUVBほどの強い作用はありませんが、家や車のガラスや窓などを通過しやすく、長時間お肌に浴びると表面のメラニン色素を増加させ、さらに真皮層にまで届き、弾力繊維や膠原繊維(コラーゲンなど)にダメージを与えます
UVAは冬場でも夏の約1/3は降り注いでいるそうなんです!!

UVAに加え乾燥も!お肌を守るための保湿ケア

さらに、冬はお肌が乾燥しやすい時期。
乾燥したままの肌で紫外線を浴びてしまうと、バリア機能が低下している分、お肌のダメージはかなり大きいです!
なので冬はしっかりとした保湿ケアも必要になります。

対策をしていないと夏よりダメージが!

そして冬と言えばウィンタースポーツ!
スキー場や雪が積もっている所だと、降り注ぐ日差しだけではなく、反射による紫外線も多くなります。よくゴーグル焼けしている人を見かけますよね!

きちんと日焼け予防をして1分間外に出る夏と、全くケアをせず10分間外に出る冬とでは、冬の方が紫外線をお肌に当ててしまうのです。

聞いてるだけでも恐ろしいですが、、、
でも冬場は、夏に浴びた紫外線の影響を減らすことができるチャンスの季節!!

年間を通しての日焼け予防、対策が未来の私たちのお顔やお身体に大きく影響してくることがお分かり頂けましたでしょうか?

いつまでも若々しく、透明感がありハリのあのお肌を保つためにもきっちりとした紫外線対策を行いましょう!


この記事を書いた人
[staff_box item_width=”2″ list_orderby=”date” list_order=”DESC” style=”style-two” ids=”3408″]

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。