hiroko_05

体やお肌の年齢は若返らせることが可能!

“ヒロコメソッド”は、エステ・ステーションの代表的なフエイシャルメニューで、
第一の効果は、「肌年齢の若返り」です。

『実際の年齢をさかのぼることは出来ませんが、体やお肌の年齢は若返らせることが可能!』

という考えのもと、年々衰えるお顔の筋肉(表情筋ですね)を、
エステティシャンの丁寧な手の技術で優しくほぐし、年々鈍くなる感覚神経を、
エステティシャンの丁寧な手の技術で優しく刺激します。

すると…

たるんでいたフェイスラインが引き上がり…

むくんで、大きくなっていたお顔が小顔になり…

くすんでいたお肌に透明感が出て…

目が大きくなります!!

エステティシャンの手の技術だけで、こんな効果が出るってスゴイ!!

フェイシャルケア”ヒロコメソッド”は、工ステ・ステーションのオーナーであり、
現役エステティシャンでもある藤原弘呼の37年の経験と、
平均キャリア10年を超えるスタッフ達の技術力によって生まれた
工ステ・ステーションならではのオリジナル技術です。

藤原が、”ヒロコメソッド”にかける思いを文章にしています。

私が37年間のエステティシャン経験を通じて関わってきたおよそ5万人の女性。

そのお一人おひとりのお肌から学んだことは、医療や最新の機器にも勝る
工ステティシャンにしかできないお手入れがあることで’した。

「手当て」という言葉は、私にとって特別な意味があります。
3歳の時、命にかかわるほどの大やけどを負いましたが、
今、ひとつの痕も残らず元気にいられるのは、ひとえに両親の「手当て」のおかげです。

桐の木を燃やした灰と菜種あぶら、そして、父と母の必死の「手当て」。
自然界の物が持つ力の素晴らしさ、人間に備わった治癒力、そして、気持ちがこもった手の力。
この3つが、私のエステティックの原点です。

肌に良いとされる美容成分は、日々進化しています。
でも、その効果を100%引き出すためには、お肌の機能が正常に働いていることが不可欠です。

“ヒ口コメソッド” は、
手の技術だけで、血液やリンパ、筋肉や神経にアプローチし、
若い頃の肌力(はだりょく)を取り戻して、肌年齢を巻き戻すためのお手入れです。

エステ・ステーションのスタッフが身につけてきた
繊細な手の技術があるからできるフェイシャルメソッド。
5年後も10年後も若々しいお肌で、いて頂きたい・・・。

私たちからお客様への「手当て」の心。
これが”ヒ口コメソッド”に込めた私の想いです。

sign

 

 
これから冬に向けて、私たちのお肌は乾燥と戦わなければなりません。
また、室内と外の気温差に、お肌はとっても大きなダメージを受けます。
ダメージと言えば、夏の紫外線の影響が、お肌にはまだまだ残っています。

続けやすいお値段、お財布にも優しいことも”ヒ口コメソッド”の特徴です。
エステ・ステーションは、「日本顧客満足度調査」で、6年連続最高評価を取り続けています。
この2つは、エステティックサロンに行ったことがない方の、安心材料になるのではないでしょうか。
工ステの経験がある方も、これまで受けたお手入れとの違いを、感じるかもしれませんよ。


質問フォーム

エステや美容に関するご質問に、エステ・ステーションのスタッフがスタッフブログでお答えします!
匿名でお送りいただけますのでお気軽にご質問くださいね。

※なるべくすべてのご質問に回答させていただきますが、
 ご質問内容等により回答できない場合がございます。
※こちらのご質問フォームは個別に回答を差し上げるものではありません。
 個別にお返事が必要なお問い合わせ他、ご予約や料金に関するお問い合わせはお問い合わせフォームより、ご予約はネット予約フォームよりご連絡ください。

お名前 (必須/ハンドルネーム可)

ご質問内容(必須)




“紫外線対策は年間を通して行うことが大切だ”と言われているのはご存知ですか? まさかにこれからの季節、 春から夏(5月~8月)にかけては紫外線も強く、ジリジリと日焼けするような感覚が 直接あるので […]

本当です。 実は肌の老化は、年齢老化は20%で、光老化が80%なのです!! つまり、日頃の日焼け対策がかなりの肌の若返りに! 肌の老化の80%の原因?!光老化の仕組み では、光老化のしくみを解説してみます。 まず、紫外線 […]

ゲルマニウム温熱マット(ReMoon)を使用して 昨年の10/16、 販売に先立って行なわれた”ゲルマニウム温熱マット”の研修に参加しました。 ReMoonは睡眠を最大限にサポートするように設計さ […]

真冬以外は日焼け止め対策を 今日は「紫外線対策・日焼け止め対策」についてお話ししましょう。 まず、皆さんに知っておいていただきたいことは・・・ 「これからいよいよ紫外線量がピークに向かう」ということです。 4月までは『中 […]