前回に引き続き、リスナーさんへの紹介シリーズといたしまして、若宮テイ子さんにリジュベネーション編をお伝えいただきます。

【今回はリジュベネーション】

若宮テイ子さん/
さて、前回・前々回とエステ・ステーションの人気のフェイシャルケア「ヒロコメソッド」を わたくしの体験も交えながらご紹介いたしましたが、今回はエステ・ステーションのもうひとつの人気のケア、 カラダの中から若返りをはかる「リジュベネーション」のことをご紹介いたします!

というのも、少し涼しくなり始めた今の季節こそ、カラダの老化が進まないようにすることが大事な季節!
言わば若返りのチャンスなんです。
「若返りって、そんなことが可能なの?」ってお思いの方もいらっしゃると思いますが、もちろん実年齢を暦に逆らって巻き戻すことはできません。
でも、いつ会っても老けないで、若く見える人がいるように、老化のスピードを遅くすることは可能です。
血管年齢、血液年齢、筋肉年齢、骨(こつ)年齢、肌年齢、髪年齢…などなど、カラダのあらゆる部分を実年齢より若く保つことができるのが「リジュベネーション」です。
ひと言でいうと、細胞を若く保つことができるんですね。

ところで、細胞の老化をどんどん進め、肥満体質になってしまう”悪循環”をご存知ですか?

筋肉がこると…
→むくみが起こる→カラダのあちらこちらが冷える→
→皮下脂肪が肥大化する→血液やリンパが流れにくくなる→筋肉がこる…

s_minusspiral_cellulite_tomr-aoyama141024-thumb-600x416-798

s_minusspiral_out_tomr-aoyama141024-thumb-600x842-800

s_muscle_fat_tomr-aoyama141024-thumb-600x730-802

嫌ですねぇ。
そこそこの年齢になると、”コリ”がない人はほとんどいないんじゃないでしょうか。
肥満や不調の原因になるのなら、ただの肩コリ、と甘くみていてはいられませんね。

さて、この悪循環を断ち切り、状態を改善することが「リジュベネーション」の目的です。
体内環境が若い頃の状態に近づくと、

・スッキリ痩せる
・むくみがなくなる
・コリが解消する
・ウエストがくびれる
・ヒップやバストのカタチがキレイになる
・便通が良くなる
・冷えがなくなる・体温が上がる

こんなにワクワクするようなことが起こるんです!
もちろん、わたくしも「リジュベネーション」を数回受けたことがあります!
どんなふうなお手入れかと言うと…

2016-05-05-shi0701_co%e6%b8%85%e6%b0%b4x%e5%a5%88%e8%89%af%e5%b7%9d_s2
1.カウンセリングと専用ドリンク
聞き取りによるカラダのチェックを受けた後、専用のドリンクを1本飲みます。
これはリジュベネーション専用に開発されたドリンクで、不思議なことにその日の体調によって味が違うそうです。
胃に届く前に、舌や食道からもどんどん吸収されるそうで、血液循環を良くしたり、筋肉を柔らかくしたり…と、これから受けるお手入れの効果をスグに高めます。

2013-04-11-t4778_ge%e5%af%9d%e6%b5%b4%e4%bd%90%e8%97%a4x%e5%9c%92%e7%94%b0_s
2.ゲルマニウム寝浴
ちょうど良い温度のマットにくるまれながら、首から肩、背中までのトリートメントを受けます。
この温かいマットから、ゲルマニウム電子が常に放出し、カラダの中を通過するそうです。
すると、血流がどんどん良くなって、毛細血管の隅々にまで行き渡るようになります。
トリートメントを受けている間は、ゆっくりと呼吸をするように促されますので、それによって酸素が全身に届くそうです。
このゲルマニウム浴だけで、筋肉が軟らかくなってコリが軽くなったり、冷えに悩む人は、足先まで芯から温かくなったり、気持ちいい発汗でカラダが軽くなる人も多いそうですよ。

2016-05-05-shi1635_re%e6%b8%85%e6%b0%b4%ef%bd%a5%e7%9f%b3%e4%ba%95x%e5%a4%a7%e5%92%8c_s
3.いよいよ!リジュベネーションのメインケア
ここからは、二人の技術者が全身を手技でトリートメントしてくれます。
「リンパはカラダの下水管」と言われているそうですが、まさにそのとおり。
体内にたまった疲労物質や不要な老廃物、また食べ物や飲み物から体内に入った化学物質をどんどん流していきます。
…表面からは見えない部分を指先の感覚だけでとらえて、きちんと流す技術が絶妙です!
このリジュベネーションの手技にはもうひとつの目的があります。
なんと、全身の毛穴から脂肪を絞り出すんです!
絞り出す…というと、痛そうに聞こえますが、実際はそんなことはありません。
筋肉をほぐしている間に、リンパを流している間に…、みるみる脂肪が出てくるんです。< これは受けてみないと、なかなかイメージ出来ないかもしれませんが、リジュベネーションで使用するジェルが、脂肪を含んでみるみる濁ってきます。 この脂肪の中には、汗や尿で出て行かない蓄積物質や老廃物なども含まれるというから、驚きです。 2012-07-28-kiri14_05_re%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e5%b0%8f%e6%a7%99x%e6%ad%a3%e5%b2%a1_s
4.美容整体
最後に全身のバランスを整えてくれます。
姿勢のクセや筋肉の偏りなどで、骨格の歪みが生じている場合は、ストレッチケアで整えます。この頃には、もう全身スッキリです!

以上が、若宮テイ子も受けた、たっぷり2時間の「リジュベネーション」の全容です。
エステ・ステーションでは、技術を正確に行なうことを目的にお手入れ前後に写真を撮るのですが、それを見せてもらうと…
驚くことに、肩や背中のもっこりした感じや、ウエスト周りのお肉、太ももや足首の隙間などが変わっています。目で見てわかるんですね。体感的にもわかりますよ。
ほとんどの人が、着てきた洋服や靴がちょっと大きくなった感じを受けるんだそうです。

さらにさらに、リジュベネーションの効果は、お手入れを受けた当日よりも、次の日のほうがさらにスッキリ、カラダの中が変わっていることを実感します。
リンパ管へ流した余分な水分や老廃物が、尿としてカラダの外に出るからだそうです。

エステ・ステーションの「リジュベネーション」は、全国的にもレベルが高いと評判です。
技術は、全国コンテストで常に上位に入り、グランプリは3回も受賞しているほどの実力です。
それに加えて、
・カラダの状態を見極める”目”
・カラダの不調を触って感じ取る”手”
ほんとうにすばらしいのです☆☆☆

手の技術だけで、カラダを温め、コリをほぐし、
大きくなった脂肪細胞を小さくし、血管を柔らかくして、
老化と肥満の”悪循環”を断ち切り、肥満もコリもムクミも一気に解決するお手入れが
「リジュベネーション」です!

「リジュベネーション」のことを少しでもご存知の方の中には、「良さはわかるけど、ちょっとお高いでしょ」とお思いの方もいらっしゃると思います。
リスナー目線で良い情報をお届けする”テイ子のbeauty talk”ですから、ホンネでお答えしましょう!
確かにそうです。「リジュベネーション」はちょっとお高い。
ですので、一定期間、集中的にカラダを変えるために受けるといいと思います。
多くのリジュベネーションファンの女性は、一度しっかり体内環境を変えてから、その後は楽に体型や体質を保っているそうですから。

そしてエステ・ステーションには、「リジュベネーション」を無理なく続けられるプランがあります。
エステに行ったことがない方は、「勇気がいるわ」とお思いでしょう。
それもご安心を。エステ・ステーションは、オリコンが行なう全国顧客満足度調査で、6年連続最高得点という評価を得ています。安心して気軽に相談してみてくださいね♪


質問フォーム

エステや美容に関するご質問に、エステ・ステーションのスタッフがスタッフブログでお答えします!
匿名でお送りいただけますのでお気軽にご質問くださいね。

※なるべくすべてのご質問に回答させていただきますが、
 ご質問内容等により回答できない場合がございます。
※こちらのご質問フォームは個別に回答を差し上げるものではありません。
 個別にお返事が必要なお問い合わせ他、ご予約や料金に関するお問い合わせはお問い合わせフォームより、ご予約はネット予約フォームよりご連絡ください。

お名前 (必須/ハンドルネーム可)

ご質問内容(必須)




“紫外線対策は年間を通して行うことが大切だ”と言われているのはご存知ですか? まさかにこれからの季節、 春から夏(5月~8月)にかけては紫外線も強く、ジリジリと日焼けするような感覚が 直接あるので […]

本当です。 実は肌の老化は、年齢老化は20%で、光老化が80%なのです!! つまり、日頃の日焼け対策がかなりの肌の若返りに! 肌の老化の80%の原因?!光老化の仕組み では、光老化のしくみを解説してみます。 まず、紫外線 […]

ゲルマニウム温熱マット(ReMoon)を使用して 昨年の10/16、 販売に先立って行なわれた”ゲルマニウム温熱マット”の研修に参加しました。 ReMoonは睡眠を最大限にサポートするように設計さ […]

真冬以外は日焼け止め対策を 今日は「紫外線対策・日焼け止め対策」についてお話ししましょう。 まず、皆さんに知っておいていただきたいことは・・・ 「これからいよいよ紫外線量がピークに向かう」ということです。 4月までは『中 […]