蒸し暑い日が続き、もう冷房をつけている方も多いのではないでしょうか?
暑い野外で汗をかいた状態から冷房のきいた室内へ行くと、始めは天国♡と思っていても
後に汗を含んだ背中などの服の部分が冷やされてゾクゾク感じたり、急激な表面温度の
変化に脂肪の気になる二の腕やお尻、太ももなどが冷えてきますよね(´ㅂ`;)

水分代謝を促進してむくみとおさらば!

私達の身体は60%が水分でできています。
体温が上がると下げようとして汗が出ますし、暑いと喉が渇き、水分を補給しようとします。
そして身体の中の水分は身体を巡り、いらなくなった老廃物を回収して尿として排泄されていきます。
コレが水分代謝です。

ですが、水を飲んでも太る!とかムクミを感じるから飲まない!という方もたまに聞きます。
そのように感じる方の身体には必要な水分が不足しているので循環している水分が汚れてしまうから、
逆にムクんでしまうのです(><;)

きちんと水分代謝を促進するためには、こまめな水分摂取と血液循環させる筋肉をしなやかに動かす事が必要になります。
コレは適度な有酸素運動と平均体温が36.5度で1日の水分摂取量が1.5ℓ程で、
お手洗いに最低でも7回は行くことを理想としています。

すべてが完璧!という人は少ないと思いますし、続けるのはなかなか難しいですね〜(´ㅂ`;)
そんな方でもどれかひとつ!
今までの習慣を変えて行ってみましょう!

  1. 冷房設定温度は26〜28度
  2. 水分摂取は常温の水
  3. 湯船(40度程)には最低5分つかる
  4. トイレのマークを見つけたら行きたくなくても座る
  5. 深呼吸または伸びをする
  6. 屈伸運動をこまめに行なう
  7. 外は暑くても羽織りを1枚持っておく
  8. 毎食に温かいスープをつける

体内温度が上がってくると外気温との差が少なくなり、
そんなにクーラーをガンガンに使用しなくても大丈夫になりますし、冷たい食べ物や飲み物がいらなくなります(•ᵕᴗᵕ•)

そして、水分が循環できてくると適度な汗をかけるようになり、
浮腫まない身体に近づいていきますので何事もコツコツ継続して習慣にすることが今までの身体から抜け出す近道です☆

出来そうなことからトライしてみて下さいね!


この記事を書いた人

リボーン難波 店長:滝市