「私達の体と水について」〜みずみずしい細胞にすることがいかに大事か〜

  • 体の60%は水と言われますが、女性の場合は、50〜60%の範囲が理想です。
  • この場合の「水(=体液)」とは、次の要素で構成されています。
    細胞と細胞の間や血液・リンパ液
  • 高齢になると細胞内にある水が減少します(=老化)
  • 浮腫みの元となっている「水(余剰水分)」とは?
  • 毛細血管(動脈)から浸み出した細胞液は、細胞に栄養を渡し、
    老廃物を引き取って毛細血管(静脈)に戻ります。腎臓が疲れていたり、脂肪が多く付いていると、
    細胞液が静脈に戻れずに、細胞間に残ります。これが浮腫みです。
  • 睡眠中は腎臓の働きもお休みします。
  • なので、寝る前にたくさん水分を摂ると浮腫みます。
    また、スナック菓子やラーメンなどを食べ過ぎるとこれも浮腫みの原因となります(ナトリウムが多いから)
  • 外から補う水と内からできる水
  • 外からの水は「飲んだり食べたりするものに含まれる水」、
    内の水は「食べたものが酵素によって分解されてできる水」です。酵素の働きが弱いと体内で作る水が少なくなってきます。
  • 飲み水は常温など、口に入れるものは体を温めるモノを意識して、体内を冷やさない(=乾燥させない)
  • 筋肉内の水分・脂肪内の水分
  • 筋肉の70〜80%は水分(血液も含む)です。
    一方、脂肪内の水分はせいぜい30%なので、筋肉量の多い人のほうが、体内水分が多いみずみずしい体です。
  • 皮膚組織も70%が水分で構成されています。
    そもそもそうあるべきなのですが、乾燥や体が冷えたり、悲しいけど老化でも皮膚組織の水分は減ります。
    これはダイレクトに「シワやタルミ(=老け顔)」につながります。

夏はお肌に厳しい季節! これからやってくる夏は、お肌にとっては厳しい季節です。 「紫外線」が厳しいんです。 気象庁によると、5月から9月は紫外線照射量が一年で最も強くなります。 「強い紫外線=シミ」…というこ […]

ゲルマニウム温熱マット(ReMoon)を使用して 昨年の10/16、 販売に先立って行なわれた”ゲルマニウム温熱マット”の研修に参加しました。 ReMoonは睡眠を最大限にサポートするように設計さ […]

真冬以外は日焼け止め対策を 今日は「紫外線対策・日焼け止め対策」についてお話ししましょう。 まず、皆さんに知っておいていただきたいことは・・・ 「これからいよいよ紫外線量がピークに向かう」ということです。 4月までは『中 […]

体やお肌の年齢は若返らせることが可能! “ヒロコメソッド”は、エステ・ステーションの代表的なフエイシャルメニューで、 第一の効果は、「肌年齢の若返り」です。 『実際の年齢をさかのぼることは出来ませ […]

前回に引き続き、”リジュベネーション”のことをご紹介します。 エステの限界を目指すリジュベネーション 私たちが、キレイになりたい!という同じ目的で利用するエステティックサロンと美容クリニックは、 […]