“冷え”の自覚がないので厄介な「内臓の冷え=体幹部の冷え」

前回までの「水」や「むくみ」に大いに関係する「冷え」
「私、冷え性だから…」と放っておいては、 現在の、そして将来の美容や健康に大きな影響があります。
●”冷え”の自覚がないので厄介な「内臓の冷え=体幹部の冷え」
 内臓温度が1℃下がると、基礎代謝が12〜15%ダウンし、太りやすい体に。

●「内臓の冷えチェック方法」
 両手をおへその上下に置いて20秒間→両手とも温かく感じたらOK!(内臓の冷え無し)
   ↓ 
  上部が冷たい…胃の温度が低い
  下部が冷たい…腸・子宮の温度が低い  ※温め方は下記の通りです
冷えてダメージを受けやすい臓器は、”腎臓”と”子宮”
どちらも女性らしく若々しく健康を保つために大切な臓器です。
腎臓が冷えている(=機能が低下している)ことを見極めるバロメーターに『尿の色』があります。
薄い黄色が本来の色ですが、腎臓に冷えがあると無色透明になるそうです。
上記(尿透明)にあてはまったら
すぐに体、特に腰周りを温めること、温かいものを飲んで体内の温度を上げること。
 ※熱いスープやココア、ホットワインなどを飲むと早く体が温まります。
腎臓の働き
 血液中の老廃物や塩分を濾過して体外に出してくれる→キレイな血液を保つ
 体内の水分量・イオンバランスをコントロール→機能が衰えるとむくんだり体調不良
 強い骨を作るために必要なビタミンDを作ってくれる

子宮が冷えると
 生理不順・生理痛・婦人科系疾患・不妊
体を温める食材として有名な”生姜”ですが、食べ方に注意!
  ├生姜に含まれる代表成分”ジンゲロール”は、末梢神経を広げて手先足先を
  │ポカポカにしてくれますが、体の芯の熱が送られるために深部体温が下がります。
  │
  ├生姜に熱を加えたり、乾燥させるとジンゲロールが”ショウガオール”という成分に
  │変わり、胃腸の壁を直接刺激して内臓の血流を高め、体の芯の熱を作ってくれます。
  │
  └漢方薬にも「生姜(ショウキョウ=生の生姜)」、「乾姜(カンキョウ=乾燥させた生姜)」が
   あります。

夏はお肌に厳しい季節! これからやってくる夏は、お肌にとっては厳しい季節です。 「紫外線」が厳しいんです。 気象庁によると、5月から9月は紫外線照射量が一年で最も強くなります。 「強い紫外線=シミ」…というこ […]

ゲルマニウム温熱マット(ReMoon)を使用して 昨年の10/16、 販売に先立って行なわれた”ゲルマニウム温熱マット”の研修に参加しました。 ReMoonは睡眠を最大限にサポートするように設計さ […]

真冬以外は日焼け止め対策を 今日は「紫外線対策・日焼け止め対策」についてお話ししましょう。 まず、皆さんに知っておいていただきたいことは・・・ 「これからいよいよ紫外線量がピークに向かう」ということです。 4月までは『中 […]

体やお肌の年齢は若返らせることが可能! “ヒロコメソッド”は、エステ・ステーションの代表的なフエイシャルメニューで、 第一の効果は、「肌年齢の若返り」です。 『実際の年齢をさかのぼることは出来ませ […]

前回に引き続き、”リジュベネーション”のことをご紹介します。 エステの限界を目指すリジュベネーション 私たちが、キレイになりたい!という同じ目的で利用するエステティックサロンと美容クリニックは、 […]