“冷え”の自覚がないので厄介な「内臓の冷え=体幹部の冷え」

前回までの「水」や「むくみ」に大いに関係する「冷え」
「私、冷え性だから…」と放っておいては、 現在の、そして将来の美容や健康に大きな影響があります。
●”冷え”の自覚がないので厄介な「内臓の冷え=体幹部の冷え」
 内臓温度が1℃下がると、基礎代謝が12〜15%ダウンし、太りやすい体に。

●「内臓の冷えチェック方法」
 両手をおへその上下に置いて20秒間→両手とも温かく感じたらOK!(内臓の冷え無し)
   ↓ 
  上部が冷たい…胃の温度が低い
  下部が冷たい…腸・子宮の温度が低い  ※温め方は下記の通りです
冷えてダメージを受けやすい臓器は、”腎臓”と”子宮”
どちらも女性らしく若々しく健康を保つために大切な臓器です。
腎臓が冷えている(=機能が低下している)ことを見極めるバロメーターに『尿の色』があります。
薄い黄色が本来の色ですが、腎臓に冷えがあると無色透明になるそうです。
上記(尿透明)にあてはまったら
すぐに体、特に腰周りを温めること、温かいものを飲んで体内の温度を上げること。
 ※熱いスープやココア、ホットワインなどを飲むと早く体が温まります。
腎臓の働き
 血液中の老廃物や塩分を濾過して体外に出してくれる→キレイな血液を保つ
 体内の水分量・イオンバランスをコントロール→機能が衰えるとむくんだり体調不良
 強い骨を作るために必要なビタミンDを作ってくれる

子宮が冷えると
 生理不順・生理痛・婦人科系疾患・不妊
体を温める食材として有名な”生姜”ですが、食べ方に注意!
  ├生姜に含まれる代表成分”ジンゲロール”は、末梢神経を広げて手先足先を
  │ポカポカにしてくれますが、体の芯の熱が送られるために深部体温が下がります。
  │
  ├生姜に熱を加えたり、乾燥させるとジンゲロールが”ショウガオール”という成分に
  │変わり、胃腸の壁を直接刺激して内臓の血流を高め、体の芯の熱を作ってくれます。
  │
  └漢方薬にも「生姜(ショウキョウ=生の生姜)」、「乾姜(カンキョウ=乾燥させた生姜)」が
   あります。


質問フォーム

エステや美容に関するご質問に、エステ・ステーションのスタッフがスタッフブログでお答えします!
匿名でお送りいただけますのでお気軽にご質問くださいね。

※なるべくすべてのご質問に回答させていただきますが、
 ご質問内容等により回答できない場合がございます。
※こちらのご質問フォームは個別に回答を差し上げるものではありません。
 個別にお返事が必要なお問い合わせ他、ご予約や料金に関するお問い合わせはお問い合わせフォームより、ご予約はネット予約フォームよりご連絡ください。

お名前 (必須/ハンドルネーム可)

ご質問内容(必須)




夏は気温の上昇、湿気に、蒸し暑さなどで体重に変化が出やすい季節です。 夏は汗をたくさんかき、食欲がなくなりがちなので、痩せやすい季節!と思われがちですが、実は『夏は太りやすい原因』が多く潜んでいるのです。 そこで今回は夏 […]

蒸し暑い日が続き、もう冷房をつけている方も多いのではないでしょうか? 暑い野外で汗をかいた状態から冷房のきいた室内へ行くと、始めは天国♡と思っていても 後に汗を含んだ背中などの服の部分が冷やされてゾクゾク感じたり、急激な […]

どんどん暑くなり、薄着になる季節になってきました。 冬の間は着込んでいるので気づかなかったところが露出が増えることによって気になりだしたり、「あの時にもっと早く運動や何か対策をしていれば…」と思われている方が多いのではな […]

こんにちは^^ エステステーションの松岡です。 毎日暑い日が続いていますが、身体の疲れは溜まっていませんか?? 疲れが溜まり身体がだるくなると、食欲の低下や睡眠不足を伴っていわゆる「夏バテ」を起こしてしまいます。 夏バテ […]

五月を過ぎると、紫外線量は夏場と同等レベルまで上がります。 皮膚や髪の毛の老化の八割が紫外線と言われています。 毛髪は、死んだ細胞で構成されていますので、一度傷つくと元には戻らないのです。 なおさら、紫外線や汚れ、ドライ […]

肌を見せることも多くなり、益々体のラインが気になる季節です。 しかし、単に食べない=綺麗に痩せるではありません!すぐにリバウンドしてしまいます。 実は、体重1kgを落とすためには、約7000kcal消費することが必要とい […]