日の入りが早くなってきて、朝晩の冷えを感じる事が多くなってきました。
空気の乾燥も感じ始め、いよいよ『秋』到来です。 

お肌の老化を進める「秋」

実は、そんな『秋』はお肌の老化を進める季節なのです。
『春・夏』の紫外線ダメージで、角質層が薄く、細胞の配列も乱れて、肌内部の水分も
蒸発していき、お肌の水分を保つことが難しくなり、乾燥してキメが粗くなってきます。

早く元気なお肌に生まれ変わりたいのに、『秋』の空気の乾燥や、
暖房,更に冷えが肌を乾燥させ、表皮の細胞の並びや、キメが乱れていきます。

角質層が乱れると、紫外線が容易に肌内部まで入り込み、
コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまいます。
するとお肌の弾力が失われ、しぼんだお肌になってしまいます。

角質層のバリア機能も低下し、普段使っているお化粧の成分などにも反応を起こしてしまったり、
ターンオーバーが遅くなって、シミが蓄積していきます。

そうこうしているうちに、季節は肌にとって最も過酷な『冬』になり、お肌は一年で一番乾燥し、
冷たい冬の気温で血行不良になってしまいます。
お肌に必要な栄養供給も滞り、1年間のお肌ダメージを回復する事なく、どんどん老化が進んでいきます。
秋は、最も紫外線ダメージを受ける季節と、最も乾燥、冷えのダメージを受ける季節の節目になります。

双方のダメージをいかにお肌に蓄積させないか、いかに角質層を大切に労わるかが重要です。

お家でできる美肌づくり

  1. ①クレンジング&洗顔
    ←肌に付着した様々な付着物(古い角質・ホコリ・メイクアップ料・排気ガスなど)をぬる
    ま湯で肌に負担をかけず優しく洗う。
    肌に残っていると、保湿機能、バリア機能、新陳代謝に悪影響をおこし、くすみやごわ
    ごわした肌になる。
    ※保湿対策の前提は、肌本来の保湿機能を守る事です。
    正しいクレンジング・洗顔こそが肌を健やかに保つための基本条件。
  2. ②保湿対策
    秋になると皮脂分泌が少なくなり乾燥に傾く。
    化粧水・乳液・クリームでしっかり守る。
  3. ③紫外線対策
    秋も紫外線量はそれほど減ってはいない。
    毎日の紫外線対策を怠らないことが大切。
  4. ④ビタミン補給
    体の中から乾燥対策。
    ビタミンA.E.B.Cを積極的に摂る。
    ◆ビタミンA・・・潤いを保つ
    ◆ビタミンB・・・肌の新陳代謝を盛んにする
    ◆ビタミンC・・・美白、コラーゲンの生成、抗酸化
    ◆ビタミンE・・・抗酸化、冷えの改善
  5. ⑤乾燥対策
    加湿器などを使用して、空気の乾燥を防ぐ

この5点を基本にお肌のをケアして、老化知らずの《美肌づくり》をしていきましょう♫